建物の工事の為に利用したい不動産会社

こだわりを見せる

金額の高い耐震補強工事の価格の傾向

耐震補強は工事費用が高いのが基本となりますが、補強には色々な工法を採用することが可能です。構造によって選択できる耐震補強は異なりますが、その中でもデザインを重視するか工事価格を重視するかの選択が必要です。木造であれば制震工法により壁の内部に装置を設置するのが一般的ですが、壁を取り壊さなければ設置できないため補強工事以外にも費用が掛かります。鉄筋コンクリート造では外壁の外部に補強材を設置して工事を行うことも可能ですが、工事がしやすく費用を抑えることができるものの見た目が悪くなってしまいます。公共の建物であれば安全性を優先することで見た目は気にかからないという考えたかもできますが、一般住宅の場合には見た目にもこだわる傾向があります。

耐震補強の歴史と耐震工法の変遷

耐震補強工事はリフォームと同時に行えるほど簡易的な物も多かったと言えますが、現在では過剰すぎるほどの耐震補強が行われるようになっています。時代とともに変遷するのはどんな世界でもありますが、耐震補強ではなく耐震工法と呼ばれるようになっています。免震工法など以前では想像もできなかった工法が技術の進歩とともにできるようになっています。免震工法は現在では低価格化が進み一般住宅にも採用できるようになっているため、身近な存在になりつつあります。それでも工事には500万円以上の費用が必要ですから、身近になったとはいってもまだまだ高額なことに変わりはないと言えます。免震工法は新しい技術ですが、木造であれば制震工法でも十分過ぎる能力があります。